お薦め

「保険料の支払いは,出費の多い時期を避けたい方におすすめの保険」

学資保険に加入するタイミングを迷っている方も多いのではないでしょうか。

それは、子どもの成長を考えて、必要となるはずの
学資のためのいわば貯金のようなものだからです。

いますぐに、もしくは数年後の事であればおおよその金額は
見当も付きますが、十年以上先のことを見越してのこととなると、
やはりなかなか重い腰も上がりませんよね。

だいたいの学資保険はお子さんが
0歳から7歳くらいまで加入することができます。
もちろん保険の種類によっては10歳くらいまで加入することができたり、
または出産前の妊娠中から加入できるものもあります。

実際に学資保険に加入するのはいつごろが適当なのでしょうか。

答えとしては、お子さんが0歳に近ければ近いほど、
学資保険を開始するのは良いといえます。

では、それはなぜでしょうか。
学資保険は、お子さんの年齢や契約者である
親の年齢に準じて支払い金額が上がるからです。

0歳に加入した場合と3歳くらいになってから加入した場合では
2000円くらい、5歳になると3000円くらい違ってくることもあります。

また、お子さんが大きくなれば、習い事や幼稚園、小学校進学など、
実際の出費があり、家計をやりくりしながらの支払いがわずらわしくなってきたり、
さらにはご兄弟が生まれる可能性も高くなります。

これらのことを考慮すると、出費が多くなってからではなく、
それを見越してできるだけ早く出費の少ないライフスタイルの
段階から学資保険に加入することをおすすめします。
このサイトで紹介されている学資保険を扱っている保険会社も参考になります。

さらには、学資保険の支払い方法で毎月の月払いを選択するよりも、
前期払い・後期払いや年払いで一括支払いをしたほうが、
毎月の出費で左右されることなく支払いをすることができますし、
ほとんどの保険会社では、一括納入した場合に保険料の支払額が
割安になるという特典もでてきます。

将来の為の貯蓄になりますので、なかなかすぐに考えられないことも多いですが、
できるだけ早く、が学資保険のポイントです。
こちらのサイトに学資保険のメリットについての詳しい解説があります。